ロゴ画像

趣味

ヘッダー

ハマってしまうと趣味だけでなく私生活にも影響が

辞められない

世の中には、趣味でなく根本的に中性的な魅力を持つ30代もいれば、外出して女性のような服装やメイクをしたりします。

オネエ言葉な口調で話す傾向がある人もいます。

テレビに登場する芸能人やタレントなどにも、このようなタイプの人が増えています。

メディアでも今や広く市民権を得た存在といっても過言ではないでしょう。

同様に、女性でありながら、男性のような外見のスタイルをして、男らしい言動を繰り返すマッチョな方達もいます。

彼女たちの存在は、男性のそれよりは一般的ではないようですので、このように男装する女性に比べれば、家ではなく外出先で女装する割合の方が比率として圧倒的に多いのです。

こうした読者も多い人気のブログで体験した人は、必ずしも水商売関係の人たちとは限りません。

女装をすることが趣味の男性が増加しています

一般の人の中にも、こうした趣味を持つ人は少なくないのです。

これの一例として、こうした嗜好を持つ夫に対して、どう対処すべきかと深く悩む妻はとても多いです。

そして、大抵の場合、夫は妻に対して自分の性癖を隠しています。

結婚前からこのような性癖があるにもかかわらず、ずっと変人扱いされるのがどうしても嫌でした。 それによって本当に相手に事実を打ち明けられなかった、という人もここにはいれば、妻と結婚後にこうした性癖に目覚めた、という人もいます。

これが、いずれの場合であっても、最も身近な家族である妻にさえもです。

自分の嗜好を打ち明けられない、という人が大半です。

旦那の女装を認めたらそこから恐ろしい悲劇が待っていた
通販で購入している女装グッズが家族にバレて離婚の危機

隠れて行う趣味だけで我慢できなくなってしまう

逃れられない

なぜならば、彼らは自分の趣味や嗜好が特殊であり、自分は普通の人とは違っていると体験から思い込んでいるためです。 そこまで思いつめてしまうほど、人々は男性、女性という性的役割分担に縛られて生活しています。
しかし、考えてみれば、当たり前のようにスカートをはき、メンズはズボンをはくべき、という服装規定はおかしなものです。
別に刑法の法律上の義務づけはないので、各人が自分の好きな個性のある服装をすればよいはずです。 これが社会通念上、逆にスカートをはいて外出すれば、周りから奇異の目で見られてしまいます。 このように、人々は常にこうあるべき、という一般常識のもとに行動を制約されているのです。 いったんそれに息苦しさを覚えると、思わぬ形で不満が表出してしまうことがあるのです。

趣味の領域ではなく本気になってしまう男性も

こういった女装趣味は、このような社会通念に対する反発から引き起こされる、という内容の側面も持っています。 このような中年は、完璧にメイクをすることによって、一般常識や社会通念によって束縛された毎日から解放されて、ブログに投稿し本来の自分を取り戻したような気持ちになれるのです。 彼らは、決して女性の姿をした自分が美しいと思っているわけではありません。

写真は化粧やメイクの仕方で何十倍も女装で綺麗になれる
男性用ブラジャーや初心者のための女装の下着の選び方

世間一般的には趣味としても冷たい視線が多い

存在価値

姿の美醜は関係なく、わずらわしい世間から離れて、趣味は自分で自分の行動を思い通りに決められるという事実に深い喜びを感じているのです。 もちろん、これは逆の場合にもあてはまることですが、男装する女性よりも実際に好むタイプの方が多いという事実は、それだけ社会の制約を受けて、ストレスの多い毎日を過ごしているということを意味しています。 趣味とはいえ単純に考えると、女性の方が進学や就職など、社会のあらゆる面で現実よりも不自由を被ることの方が多いように思われがちです。 しかし、レディー達はこれに比べると、はるかに自由で、ストレスの少ない生き方を選択できるのです。
この場合は、女性に比べてこうあるべき、というロールモデルが確立されています。
例えば、未だに男性は妻子を養って一家の大黒柱として働くべきだ、という考えは根強く残っています。

趣味だけで女装を抑えないと生活に影響も

このように外出して社会で働くことが当然だと見なされていますが、やはり、この場合は、結婚して専業主婦になったり、キャリアを追及したり、とさまざまな選択肢の中から自分の人生を選びとることができないのです。 こうした窮屈さに対する反動が、自由な異性への憧れをかきたて、女性と同化したいという体験の願望を生み出しているのです。 所謂、女装趣味は、男性優位社会に対するマイノリティ反発のブログのメッセージと言えるでしょう。

かわいい女装コンテスト