ロゴ画像

旦那

ヘッダー

お風呂場で隠れて旦那が私の下着をつけていた

距離感が大切

想像することなんてけしてなかった、旦那の姿を目撃してしまった方は実は結構います。

昔は学校でも男の子は男らしく、女の子は女らしくするのを良しとする教育がなされ、そして男の子は強くたくましいことがよしとされます。

女の子は身の回りの世話などを完ぺきにこなして男性をたてる良妻賢母であることがよしとされていましたが、それが今ではそんな風に男は男らしくと言った事を強制する風潮は薄れているとはいえです。

大の大人の男性が女性の格好をすることに対して抵抗感や、または嫌悪感を感じるという人は少なくありません。

まして自分の旦那に女装の趣味があったことがわかって、それでも冷静でいられる妻の方がおそらく圧倒的少数だと考えられます。

もし旦那に女装の趣味が発覚したらどうしますか?

つまり男は強くたくましく、家族を守っていかねばならないという考え方は、実は昔ほどあからさまではないにしても、やはりどこか心の隅にそうした思いはある人が少なくありません。

通常はもちろんそれは年代によっても考え方が大きく異なります。

趣味だけで終われずに人生を駄目にしたエリートの外出での女装
通販で購入している女装グッズが家族にバレて離婚の危機

認めると旦那はエスカレートしてしまう可能性が高い

新しい時代に

世間一般的な家庭はどうかわかりませんが、旦那も含めて男は男らしく、逆に女は本当に女らしくと教育された世代の人には、そうしたことはあたりまえだという認識が強いのですが、ここでは今は男女共同参加が求められます。 そのように教育を受けてきている現在の若者は、そうした性的な役割分担がきっちりと決まっていることに慣れていないとも言えます。
男の子だからこうしなくてはという考えは今ではもうネットでも古い考え方なのかもしれません。
そのことが色濃く出ているのが、いわゆる男の娘と呼ばれる女装をする方たちの最近の出現です。

旦那が密かに女装をしている

こうして彼らは本当の女の子のように洋服をコーディネートして自分を最も可愛らしく見せる装いを女性よりも知っております。 全く知らない人が見たら、とても旦那は男性には見えないようなキュートな見た目が特徴です。

写真は化粧やメイクの仕方で何十倍も女装で綺麗になれる
男性用ブラジャーや初心者のための女装の下着の選び方

見て見ぬふりをすることも旦那のためになる?

受け入れ方

千代田区の秋葉原などで女装した若い男性がメイドとして働いている店もあり、メイクに対する偏見の垣根はこのエリアを中心にずいぶんと一気に様変わりしているようです。
日本が世界に誇るマンガやアニメなどの所謂サブカルチャーに出てくる、かわいい女の子の格好をした男の娘たちは、別に中身はごく普通の男性であることがほとんどです。
旦那が週末だけオタクの街の秋葉原に出向いて、普段とは違う女の娘の姿の自分を受け入れてくれるこの街で働くことで自分の価値を見出し、また平日には普通の男性としての生活に戻ってゆくという生活の人もいます。 そして彼らは変身をしていても、これはごく普通の社会人として女の子とお付き合いしていることが多くいます。 女性の恋人も一緒に旦那の娘の化粧を手伝って楽しんだりすることをしています。 女の子にとっては、かわいくてきれいな自分の彼をまるでお人形ごっこでもするような感覚で一緒に似合う女性用の服を選んだり、メイクを二人で楽しんだしするようです。

旦那の女装の趣味が原因で離婚になる

お洒落でキュートで、女の子にしか見えないくらいにかわいくてきれいな自分の旦那が、実はちゃんと男の子としての部分をしっかりと持っているという、何ともアンバランスな感じに女の子たちは魅力を感じると言います。

かわいい女装コンテスト